目次

三国志小説 『ショッケンひにほゆ』 目次 ☆☆プロローグ☆☆ 一、焚火(たきび) 【バカ隊長の手料理に兵士504名殺到! 叫喚地獄!】 二、城壁にて 【夜明けのおんぶ作戦! これを登れねえ時は俺が死ぬ時だ!】 三、おもて …

続きを読む目次

九十五、整理(1)

 李隊長が悄然(しょうぜん)と佇(たたず)んでいる。ほとんどしなびて茶色くなった朝顔に色あせた小さな花がちらほらと咲いているのを眺めながらはらはらと涙を落としている。 「あのお、種たくさん獲れましたけど、よかったらお持ち …

続きを読む九十五、整理(1)

九十五、整理(2)

 クロに会いに行くことにする。厩舎(きゅうしゃ)に入ると、馬たちはちょうど飼葉(かいば)を与えられてゴリゴリと咀嚼(そしゃく)しているところだった。クロは飼葉桶(かいばおけ)に顔を突っ込んだまま迷惑そうな目で俺を見た。 …

続きを読む九十五、整理(2)

九十五、整理(3)

 早朝から営内のどこかしらに失踪していた隊長も、朝礼の時間にはちゃんと戻って来て極(ごく)当たり前に朝礼を行った。しゃべってる内容は普通なんだけど、みんなここのところ隊長の機嫌がすこぶる悪いことは知っているから心もとない …

続きを読む九十五、整理(3)

九十五、整理(4)

「はい。じゃそういうことでお願いします」 「どうして書類を見てると不機嫌になるのかな~というのが素朴な疑問だったんですけど」 「だってムカツクもん。下らない書類ばっかでさ。一体なんのためにこんなことやってるんだって思っち …

続きを読む九十五、整理(4)

九十五、整理(5)

 次の日だ。まだ朝顔が咲いている。今咲いている花は、ちゃんと種を実らせるのだろうか。葉も茎もあらかた萎(しな)びてしまっている。もう何日かすれば霜が降りるようになるかもしれない。  しかし秋の朝顔というのはずいぶん呑気な …

続きを読む九十五、整理(5)

九十五、整理(6)

「よかったらお揉みしましょうか」 「いやいや。なんか便利な肩もみ用具が作れないかなあと思ってさ。こう、前でやった手の動作を上手(うま)~く後ろに伝えるような器具が作れればいいんだけどなあ」 こう言いながらさっそく立ち上が …

続きを読む九十五、整理(6)

九十四、遺言(1)

 美味しく朝ごはんを食べてご機嫌で歩いていると、張主簿(ちょうしゅぼ)の下吏(かり)が書類を届けに来るところに出くわした。なぜか瞬時に表情を曇らせる隊長。言葉少なに書類を受け取り、その場で開いて一目見るなり舌打ちをする。 …

続きを読む九十四、遺言(1)

九十四、遺言(2)

「ごめんねえ、ここに入ってたお菓子、勝手に一つ残らず食べちゃった」 隊長は笑いながら訊ねる。 「おいしかったですか?」 「ウン、おいしすぎ。ちょっとつまみ食いして元通りしまっとこうと思ったんだけどさあ、止まんなくなっちゃ …

続きを読む九十四、遺言(2)

九十四、遺言(3)

「でもべつにこれ軍の機密とかじゃないでしょ? あっ、もしかして異度くんは最新の軍事技術を駆使して作りだされた偃師偶人(アンドロイド)だから中がどうなってるかは極秘ってこと?」 「勤務兵は自分が付いている将校にとって不利益 …

続きを読む九十四、遺言(3)

九十四、遺言(4)

「大事にしないといけませんね。今日、体調悪いところを押して来て下さったんですね。すみません。ありがとうございます」 「異度くんに会いたかったから来たんだよ」 「馬(ば)平北(へいほく)を襲撃するのはちょっと体調が落ち着い …

続きを読む九十四、遺言(4)

九十四、遺言(5)

「食べすぎた時に横になるとよけい具合悪くなりませんか? すこし胃が落ち着くまでは我慢して立つか座るかしといたほうがいいと思いますが」 「それよりお湯くれない? なるべく熱っついの。油っぽいもの食べすぎたのがスッキリするか …

続きを読む九十四、遺言(5)

九十四、遺言(6)

 のんびり観察している場合ではない。周りにいる連中が騒ぎを聞きつけ駆け寄ってくる。魏(ぎ)延(えん)、馬(ば)岱(たい)、李(り)蘭(らん)だけの中でやってるぶんには事を穏便に済ませる方法もあるだろうが、大勢集まってきて …

続きを読む九十四、遺言(6)

九十四、遺言(7)

 隊長の部屋に到る。隊長は扉の傍にかがみこんでちまちまと蝶番(ちょうつがい)を付け直しているところだった。 「なんでそんなちまちました作業を自分でやってるんですか?」 「自分で壊したからな。っていうか実際に破ったのは将軍 …

続きを読む九十四、遺言(7)

九十四、遺言(8)

「一回頭打っちゃったら、回復するまでしっかり様子を見ないと危ない。痛んだところに重ねて損傷を加えると大変なことになるからな。大事にして下さい。最初なんともなくても後になってからおかしくなるってこともあるから、ちょっとでも …

続きを読む九十四、遺言(8)

九十四、遺言(9)

「まさかいっつも逃げることばっか考えながらやってるんですか?」 「そうじゃないけど逃げなかったら勝てねえと思わねえ? これは国策にも合致してるんだ。先帝は人(ひと)を以(もっ)て本(もと)と為(な)すっておっしゃってたじ …

続きを読む九十四、遺言(9)

九十四、遺言(10)

「だってさあ、『やっぱ戻るよ。顔見れたら安心した。じゃあね』なんて言うんだもん。それが今生の別れになったら夢見が悪いじゃん。なんだよ『顔見れたら安心した』って。俺のせいかよふざけんな」 「隊長はやっぱり、李隊長が逃げるこ …

続きを読む九十四、遺言(10)

九十四、遺言(11)

「部(ぶ)首(しゅ)の旁(つくり)のほうを見れば見当がつきますよ」 「へえ。筋がいいな。字を覚える気ねえの?」 「ないです。うっかり読み書きなんかできたら変な役職につかされて足抜けできなくなりますからね」 「俺様みたいに …

続きを読む九十四、遺言(11)

九十四、遺言(12)

「隊長はどんな様子だった?」 「いつも通りでした。壊れた扉をへらへらしながら地味に自分で修理してましたよ。自分で壊したからな、って。あと、なんか遺言(ゆいごん)書いてました」 「遺言?」 「はい。頭を殴ったからには一生面 …

続きを読む九十四、遺言(12)

九十四、遺言(13)

 頭が痛い。腹は減っているのだが気持ち悪くて何も食べられないので夕食も摂(と)らず横になっている。ひもじい。悲しい。涙が出そうだ。もうすぐ消灯の時刻だ。起き上がるのがおっくうだが、消灯前にもう一回隊長の様子を覗(のぞ)い …

続きを読む九十四、遺言(13)