六十九、楊儀威公(ようぎいこう)(5)

「そういうふうに呼ばれてるんですか? 知りませんでした」 「ああそっか、こういう話って本人の耳にはなかなか入ってこないものだもんね。アハハハハ。楊長史がなんか異度くんに対して腹を立てて、飼い犬に手を噛まれたって言ったんだ …

続きを読む六十九、楊儀威公(ようぎいこう)(5)