七十八、臆病(3)

「さっきなんで何か不安そうな顔してたんですか?」 隊長は右手で口元を蔽(おお)ってニマニマと笑いながら左手をぴらぴらと振って、そんな話はやめようじゃないかという動作をした。 「気になるじゃないですか。またしばらく会えない …

続きを読む七十八、臆病(3)