八十五、不如逃跑(にげるにしかず)(7)

 翌朝、起床の合図とともに飛び起きて天幕を飛び出すと、駆け込んで来た黄屯長と正面衝突して目の前に星が飛んだ。危ないよ! 鼻血が出ちゃったじゃないか。黄屯長は上唇を押さえてツーンとしたような半泣き顔で固まっている。 「おは …

続きを読む八十五、不如逃跑(にげるにしかず)(7)