九十三、事件(1)

 翌日の午後、やはり雨になった。降りだしたと思ったらボトボトと音をたてて大粒の雨が落ちてきたので、これはマズいと思っている間に車軸を流すような豪雨になり、一時余りも降り続いた。床の上までビショビショだ。便所も溢れたかもし …

続きを読む九十三、事件(1)