九十五、整理(1)

 李隊長が悄然(しょうぜん)と佇(たたず)んでいる。ほとんどしなびて茶色くなった朝顔に色あせた小さな花がちらほらと咲いているのを眺めながらはらはらと涙を落としている。 「あのお、種たくさん獲れましたけど、よかったらお持ち …

続きを読む九十五、整理(1)

九十五、整理(2)

 クロに会いに行くことにする。厩舎(きゅうしゃ)に入ると、馬たちはちょうど飼葉(かいば)を与えられてゴリゴリと咀嚼(そしゃく)しているところだった。クロは飼葉桶(かいばおけ)に顔を突っ込んだまま迷惑そうな目で俺を見た。 …

続きを読む九十五、整理(2)

九十五、整理(3)

 早朝から営内のどこかしらに失踪していた隊長も、朝礼の時間にはちゃんと戻って来て極(ごく)当たり前に朝礼を行った。しゃべってる内容は普通なんだけど、みんなここのところ隊長の機嫌がすこぶる悪いことは知っているから心もとない …

続きを読む九十五、整理(3)

九十五、整理(4)

「はい。じゃそういうことでお願いします」 「どうして書類を見てると不機嫌になるのかな~というのが素朴な疑問だったんですけど」 「だってムカツクもん。下らない書類ばっかでさ。一体なんのためにこんなことやってるんだって思っち …

続きを読む九十五、整理(4)

九十五、整理(5)

 次の日だ。まだ朝顔が咲いている。今咲いている花は、ちゃんと種を実らせるのだろうか。葉も茎もあらかた萎(しな)びてしまっている。もう何日かすれば霜が降りるようになるかもしれない。  しかし秋の朝顔というのはずいぶん呑気な …

続きを読む九十五、整理(5)

九十五、整理(6)

「よかったらお揉みしましょうか」 「いやいや。なんか便利な肩もみ用具が作れないかなあと思ってさ。こう、前でやった手の動作を上手(うま)~く後ろに伝えるような器具が作れればいいんだけどなあ」 こう言いながらさっそく立ち上が …

続きを読む九十五、整理(6)

九十五、整理(7)

「あ~、極楽。……なんか、孫に肩もみしてもらってるおじいさんのような気分だな」 「老(ふ)けすぎ。孫を持とうと思ったら、まず子供を作らなくちゃいけないじゃないですか」 「おじいさんが孫に肩もみをしてもらって喜ぶのはさあ、 …

続きを読む九十五、整理(7)

九十五、整理(8)

「蜂蜜入れる人」 李隊長がさっと手を上げる。 「あ、オレだけ? アハハハハ。民民(みんみん)も入れなよ」 韓隊長が差し出した蜂蜜を勝手に足つぼ戦友の湯呑(ゆのみ)に注ぐ李隊長。韓隊長は民民に訊ねた。 「甘いの好き?」 「 …

続きを読む九十五、整理(8)