「YouTube大学」炎上してもいいじゃない

「中田敦彦のYouTube大学」のエクストリーム世界史について、著名人が誤った情報を発信してしまうのは問題だという声が上がる一方、YouTube大学を楽しんでいる人からは歴史オタクがエキセントリックな集団であるかのように見られる始末です。

でもこれ視聴者にとってはよかったのではないでしょうか。

動画を楽しんでいる人からすれば、あっちゃんだって専門家じゃないんだからたまには間違うこともあるよ、でも楽しく話してくれるからいいじゃない、と思いますよね。

「たまには間違うこともある」と認識したうえで「楽しく話してくれるからいい」と判断して自分で選んで情報を取れるようになりました。

もし何もツッコミが入らなければ、たまには間違うこともあるとは思わずに全部信じてしまうかもしれませんよね。

だから、ツッコミが入ること自体は悪いことではないと思います。

それを踏まえた上で、YouTube大学をどう見るか各自が判断できればいいのではないでしょうか。


“「YouTube大学」炎上してもいいじゃない” に2件のコメントがあります

  1. どのジャンルでもディープに磨きをかけてかけて突き詰めたヲタの一部がやたら攻撃的になりますね(ノ∀`)アチャー
    本人的には愛故の刃とか思ってるからタチが悪いw

    …↑あ、これ過去の私です(≧∇≦)

    知識で固めた鎧を纏ってドヤったところでなーんにも生み出さない。
    それよりもライトユーザーを優しく惹きこんで仲間増やしてワイワイディスカッションしたほうが楽しいって方にシフトしてから、興味のあった他のジャンルにニワカ度MAXで顔出せるようになりましたとさ♪

    北風よりも太陽が強ぇってことですw

    返信
    • 私は三国志界隈しか知らないのですが、この界隈でディープなオタクの人が攻撃的になっている光景は見たことがありません。
      三国志でディープなオタクというともう研究者みたいになっちゃってるので、ちょっと特殊なジャンルなのかもしれないですね(他のジャンルもそうなのかもしれませんが知らないのでなんとも言えません)。
       
      ドヤ顔で中田批判をする人もどうかと思いますが、歴史界隈を肥溜め呼ばわりする中田信者(?)もどうかと思いました。
      (そういうツイートを見かけたんですよね。もう削除されたようですが)
      YouTube大学を受け入れるも受け入れないも自由ですが、自分の主張をする時に人を攻撃する必要はないんじゃないかなと思います。
       
      ちりくんさんの「北風よりも太陽のほうが強ぇってことです」にうまく繋がりませんでしたがお許し下さい(^^;)

      返信

コメントする