二十九、弱卒(1)

 隊長の部屋はいつも扉が開けっぱなしだ。夏はいいが、冬場はこたえる。暦の上では春とはいえ、実家でぬくぬく過ごした後のこの寒さは骨身にこたえる。思わず隊長に 「寒いですねえ。」 と言ってみた。 「寒いなあ。」 「あれっ、寒 …

続きを読む二十九、弱卒(1)

二十九、弱卒(2)

「ほら、もっと押せ押せ! 力一杯! めいっぱい!」 「馬鹿かよ!」 「十人くらい集めてやりたいですねえ。」 「ギャハハハ、この勢いで十人でやったら誰か圧死するんじゃねえ?」 「ちょっと! 本気すぎ! 押し合いっこってこん …

続きを読む二十九、弱卒(2)

二十九、弱卒(3)

「ちゃんと名指しで言うんですよ。」 「そりゃあちょいとマズかねえか? もし愛してはいけない人を愛してる奴がいたら問題になるぜ。」 「そんな奴いますかね?」 「さあ。」 「あっ、まさか隊長……?」 「いや、それは違う。」 …

続きを読む二十九、弱卒(3)

二十九、弱卒(4)

「全然違う話になりますけど、去年月見をした時に、張屯長の奥様も隊長にちょこっと挨拶ぐらいはなさったんですよね。」 「まあ常識的な範囲内でね。」 「その時、隊長ってどんな感じだったんですか? なんか下品な冗談とか言ってまし …

続きを読む二十九、弱卒(4)

二十九、弱卒(5)

 翌日、張屯長が大声大会の司会進行をつとめている。隊長は不機嫌そうな顔で黙りこくっている。隊長は予選免除で、決勝のトリで叫ばされるらしい。お気の毒。俺は午前の部でめでたく予選落ちしたので、午後はボケ~っと耳をふさいで過ご …

続きを読む二十九、弱卒(5)

二十九、弱卒(6)

 薬を飲み終わってしばらくじっとしていたかと思ったら、おもむろに歩き始め、大声大会のほうに戻って行く。 「あのお、具合悪かったらもう休んだほうがいいんじゃないですかね? 常識的に考えて。」 何か言おうとして俺の方を向き、 …

続きを読む二十九、弱卒(6)

二十九、弱卒(7)

「体調不良のため出場資格なしです。ということで、よろしいですね。」 エエ~! と、みんな不満の声を上げる。隊長も不服気に眉を顰(ひそ)めている。俺は思わず 「そんなに参加したいんですか? どこまで馬鹿なんですか!」 と思 …

続きを読む二十九、弱卒(7)

二十九、弱卒(8)

「精神を鍛え直してくれる! とか言われなかったんですか?」 「言われないよ。優しく宥(なだ)めたり励ましたりしながら丁寧に酷使されたな。」 「うわぁ、なんか、面倒くさい兵隊ですねえ。」 「精神力ばっかりは鍛えて強くなるっ …

続きを読む二十九、弱卒(8)

二十九、弱卒(9)

「しっかし、弱いからいじめないで下さいとか、よく言いますよねえ。指揮官は常に威厳に満ちてなくちゃだめなんじゃないんですかあ? 俺の人格的な欠陥はみんなの努力で補うんだぜ、とか、そんなのおかしいですよ。常に自信と確信に満ち …

続きを読む二十九、弱卒(9)