六十八、葫藘絲(フールースー)(4)

「じゃ尾行する?」
「え、そんな犯罪者みたいなことを?」
「人に聞くのが嫌ならそうするしかないだろ」
「隊長、そんなことするんですか?」
「他に手がなければね」
「尾行なんて、どうやってやるんですか?」
「標的が出没しそうな場所をうろつき回って、運よく発見したら声もかけずにこっそり追跡して家の所在をつきとめる」
「で、その先どうすればいいんですか?」
「じっくり観察してれば何かしらとっかかりがあるだろ」
「例えば?」
「例えば、男兄弟でもいればまずその人と友達になってみるとかさ。そんでちょくちょく家にも出入りして、親父さんやお母さんにも感じ良い人だと思ってもらえたら、話も進みやすくなるじゃん」
「肝心の本丸はどうやって攻めるんですか?」
「家に出入りするようになったら接近遭遇する機会もあるだろ。感じよく挨拶でもしておいて、たまには目配せなんかしちゃって相手の反応を見て考えれば」
「そんなこと器用にできる気しないですけど」
「じゃ真っ向からコクっちゃう? 家に出入りしてお互いの様子も分かっているようだったら、特に断る理由がなければ気迫に押されてウンって言ってくれちゃうかもよ。ま、どう転ぶか知らねえが」
「隊長みたいに容姿に恵まれていて地位も小金もあったら何でも思うがままかもしれませんけど、世の中の大半の人間はもっと低次元での勝負を強いられるんですよ」
「季寧は素晴らしい人だと思うけどな。そういう価値は恋に恋するお年頃の女の子にはまだ分からないかもしれないね。先にお父さんを攻めたほうがいいのかも」
「攻めるってどうやって?」
「いつも通り普通にしてればいいんじゃねえ?」
「ちゃんと考えて下さいよ」
「親くらいの年の人に対して何か小手先のことをやったって通用しないだろうけど、季寧の普段の感じを見たらそんなに悪く思う人はいないと思うよ。一見とっつき悪いけど芯があって優しいところもあって素晴らしい青年じゃないか。心身ともに健康だし。文句のつけようがないよ」
「大絶賛じゃないですか。なんなんですか?」
「人かならみずかあなどりてしかのちに人これをあなどる。自信を持て。一念岩をも通す」

ページ公開日:

“六十八、葫藘絲(フールースー)(4)” に2件のコメントがあります

  1. 隊長さん、素晴らしい方ですね
    婚活の方法を具体的にレクチャーしつつ、季寧くんをしっかり褒めてますね。
    理想の上司じゃないですか!!

    平成仮面ライダーでドライブが一番お好きなんですね
    自動車のデザインをライダースーツにカッコ良くまとめてるのが
    お好きなんですかね?

    私も昭和仮面ライダーの中でブラックが一番好きです
    中2病全開の時にリアルタイムで観てたってこともありますが
    シンプルな黒いボディがカッコいいなぁと思ってました
    令和ライダーにも期待したいですね

    三国志をモチーフにした仮面ライダーとか面白そうですね

  2. 季寧くんに対して普段から思っていることが話の拍子で出てきたようです。
    どんな上司でも大抵は季寧くんに対して一定の信頼感を抱くと思うのですが、信頼感の元を正確に把握できる人は少ないでしょうし、それを言葉にして本人にフィードバックできる人はさらに少ないかもしれませんね。
     
    仮面ライダードライブはコスチュームも世界観も両方好きです。
    自動車のタイヤを斜めにあしらったデザインがかっこいいですし、自動車自体が好きなのでドライブは見た目でも充分楽しめました。
    キャラクターも魅力的でした。いつもユーモアのあるベルトさん、自由で努力家の発明家りんなさん、かわいくて一生懸命な霧子さん、やや天然ボケのマッハや完全に天然ボケのチェイス、案外いい人のブレン、みんな好きです。
    主人公が成人で社会人で、刑事ドラマとしても楽しめるところも大人目線から見ていいと思いました。
    自動車+刑事というモチーフは、往年の刑事ドラマ「西部警察」を見て育った親世代をターゲットにした趣向かなと想像しています。(子供に仮面ライダーを見てもらおうと思ったら親も好むような番組作りをしなければならないので)
     
    よんよんさんも仮面ライダーブラックがお好きなんですね!
    ブラックはコスチュームもしぶくてかっこいいですし、作品の内容も特別よかったイメージがあります(よく覚えていないのですが……)。
    ブラックはブラックRXも作られたくらいですから、よほど人気があったに違いありません!
     
    三国志をモチーフにした仮面ライダーですか。ガイムは戦国っぽいコスチュームでしたから、三国志も可能性ありますね。
    今年の特別展三国志が盛り上がり三国志ブームになったらひょっとすると……!?
    そうなったら面白いですね!

コメントする