六十九、楊儀威公(ようぎいこう)(6)

楊長史ようちょうしといい参軍さんぐんといい、どうして丞相は人格的に欠陥のある人ばっかり重用するんだろうねえ」
「能力主義なんじゃないですか。能力主義の人材登用方法を用いていると、儒教的価値観からはみ出したような人が殺到するんですよ。ここが自分の生きる場所だ! みたいな勢いで、はりきっちゃってね。どこでも受け容れられるような温厚篤実な人よりも、よそに行ったらクズ同然の奇人変人ばかりが集まるわけです」
「クズ同然! 言いきったね」
「クズって言ったのは、べつにけなしているわけじゃありませんよ。クズを量産する儒教こそがゴミくず思想なんじゃないですかね。いや、儒教は悪くないですけど、儒教を政治の道具に使ったことがよくない」
李隊長は、意味不明だし興味もないというような表情でお菓子を口に入れた。隊長は語を継いだ。
「長男じゃなかったら人じゃないとか、親孝行じゃなければ人じゃないとか、そういう、寛容さの欠片かけらもない基準で社会秩序を保ってきたことが、ヤクザ者を増やしてきたんじゃないでしょうかね。ヤクザになりたくてなる人なんていませんよ。社会が寛容であればみんないい子なんです」
「ふうん。じゃあさあ、楊長史に言ってあげなよ。あなたはほんとはいい子ですってさ」
「楊長史を褒めようと思ったら、今すぐにでも百個は褒めるところありますよ。自分はそんなに素晴らしい人なんだ、っていうことをご本人に分かって頂きたいんですけどね、信頼関係もない相手から急に褒めちぎられたってきっと信じてもらえないでしょうね。なんで突然おべっか使い始めたんだ? っていぶかられるだけでしょう」
「異度くん、あの人に、恋してるの?」
「オエ。ありえない」
人としては認めていても生理的に受け付けない、ってわけですね。
 楊長史はとても目立つ人だ。人中じんちゅう呂布りょふ馬中ばちゅう赤兎せきと、ってくらい目立ってる。百官の顔ぶれをよく知らない人でも、きっと一目見たら「ああ、あの人が噂に聞く楊長史か」ってすぐに分かると思う。お洒落しゃれなのだが、オッサンのお洒落はカッコイイとキモいが紙一重であって、楊長史は完全にキモい方に落ちてしまっている。身だしなみとしてきしめているおこうのかおりはキツすぎて、丞相が時々体調を崩して寝込むのは楊長史のにおいを間近でぎ続けているせいだという噂があるほどだ。不気味ににこにこと笑いながらはずむように近付いてくることもあれば、意地悪にネチネチと絡んでくることもあり、しかもその変化が急転直下で誰にも読めない。一言ひとことで言えば、奇矯ききょうな人だ。

 お洒落しゃれといえば、うちの隊長は全く洒落っけがない。ごく当たり前の三十代の武官が身につけていそうな当たり前の服装をなんの工夫もなく身につけているだけだ。常識的に見えるし、何も考えなくていいところがいいんだろう。中身がいいんだからちょこっと工夫するだけでものすごく見映みばえがすると思うのだがそういうことをしないから勿体もったいない、というか、当たり前の格好をしているだけ一層中身の違いが際立つからずるい。
 シャバへ遊びに行く時などは、変装かと思うほど地味な、どこにでもいそうなオッサンのなりをして出かけて行く。これは恐らく、人畜無害みたいな様をよそおって何の警戒心も抱かせずに女に接近するための手だろう。あんな目立つ人がめかしこんで歩いていたら、常識的な人間は遠くから見かけただけで逃げていくからな。
 論外みたいなダッサいオッサンだと思っていたけどよくよく見ると王子様みたいに素敵だわ、って女に思わせちゃう。誰でもそういう落差には弱い。計算ずくの演出だろう。

《六十九、楊儀威公 終わり / 次話に続く》

ページ公開日:

“六十九、楊儀威公(ようぎいこう)(6)” に14件のコメントがあります

  1. 楊儀、スゴく個性的な方ですね(汗)
    犬の方にも飼い主を選ぶ権利あるかも?

    隊長さんと元カノさんの関係って
    十年以上前のことなんですね。
    隊長さん、
    ハッキリしてほしいですね

    母親に「長男は家の人間」って
    私は子供のころから言われてました。
    炊飯器の中でご飯が二つに分けてるの見た時は、ビックリしました。
    柔らかいのは長男ので、硬くなってるのは次男以下って感じでした。
    ( ´゚д゚)

    • ここで書いた楊儀の人物像は私が勝手に想像して書いたもので、正史三国志にはお香が臭いともファッションセンスがきわどいとも書かれていません。
      ただ、仲の悪かった魏延が死んだ時にその首を踏みつけて罵ったとか(魏延伝)、自分が失脚した時に過激な文言の誹謗文を皇帝に送りつけた(楊儀伝)とかいう記録があるので、エキセントリックな人だったのだろうと思います。
      隊長は楊儀のことが嫌いではないようですね(^^)
       
      隊長と元カノのことは、端的に言えば、俺のことは忘れてくれという勇気もなければ結婚してくれという勇気もないという状況です。
      自分がふがいないばかりに理想的な行動をとれないことって、誰にでも多かれ少なかれありますよね。
       
      私の家は一男一女だったので長男と弟との感じは分かりませんが、母親の実家へ行くと、本家と分家では家としての格が違うなぁという感じでした。
      長男が本家を継いで、弟たちは分家するようでした。
      今のように一人一人が大事にされる時代になっても、旧来の秩序も依然として残っているのかなと感じます。

      • 三国志演義では第三次北伐の時に諸葛亮が血を吐いて倒れ遠征が中止になる場面があります。
        その古い話と楊儀のお香のくささをからめただけの根も葉もない冗談かと(^^;)

        • 私が持ってる演義は井波律子訳です。第一百二回で関興死の報せを受けて昏倒する場面がありますがここでしょうか。ていうかもう
           第一次→馬謖
           第二次→李厳の配下
           第三次→李厳(劉備の推薦付)
          これはこたえますね。波状攻撃にもほどがある。そこへ関興死亡というトドメの一撃…。「孔明のオッサンが死ぬわきやねーって。殺しても死なねーよ☆」とか言ってるうちに、どんどんシャレにならない感じに弱ってきて、でも「憎まれっ子世に憚るって言うし百年はカタいわ!」とか半分祈るような気持ちで言い続けていて、ギリギリまで「ないない!」って言ってたけどある日……っていう所まで妄想しました!ところで書き込みの際、名前の隣にアイコンを表示させるのはどうやったらいいのでしょうか。もし誰でもできるなら私もキャラクターとか表示させたいです!

          • はい。以前の病気というのは関興訃報の時のその話です。
            演義に描かれている五回の北伐は、いずれもいいところまで行きながら惜しいところで涙をのむ感じがなんとも引き込まれますね……。
            北伐はならず、三国のいずれも天下を統一できないところが三国志の人気の大きな要因かもしれません。
             
            コメントのアイコンは、WordPressのアカウントを持っていれば下記のブログさんで紹介されている方法で表示できるようです。
             ↓
            Gravatarでコメント欄にオリジナルアバターを表示する-中年おじさんが100%ネットで生計を立てていく方法
             
            WordPressにログインしないとできないとなると、ちょっと不便ですね……すみません!

          • おお!アイコン綺麗!やさしい緑色に癒されます。そして無双では蜀カラーデュフフ。ありがとうございます!m(__)m
            えーっと誤解を恐れずに言うと、魏も滅ぶところがイイですね。だってとうに腐れてるし。かつて酒を煮て英雄を論じた「わし」と「きみ」はいなくなったってことでお開き。私は孔明の北伐とか姜維とか大好きです。何で三国全部滅ぶのが面白いポイントなのか、具体的に言葉にまとめたのは今が初めてですが、北伐の前に天下取りはおわってたとそういう気持ちだったと思います。(デスノートはLが死んだとこまでしか読んでないやつの意見)

          • そういえば、緑は蜀の色ですね( ´艸`)
            三国志演義の物語的には、関羽が荊州を失ったあたりが「終りの始まり」でしょうか。
            冒頭から活躍していた人たちがみんないなくなってしまい、あとはどう終りに向かってゆくかという悲壮な話になっていきますよね。
            北伐は成功しないと分かっていながら蜀の人たちが頑張っている様子を見るのがなんとも感情を揺さぶられるところでございます……。

        • 激しく同意します。三国全部滅びるんやで~というところは私も人に勧めるときに熱烈プッシュする点です!しかし素人は「そこじゃねーのだけは確かだな」って感じで全然本気にしてくれないんですよ!いや読めば分かるんだってマジで!まるクルル様のお話が心の琴線に触れまくってどんどん喋りたくなりますがきりがないのでやめときます!(仕組みは分かりませんが最新レスに返信が出来なくなったのでやばいと思いました)
          アイコン表示方法を教えていただきありがとうございます!この白い人影はミステリーパーソンと言うのですね。これが幽霊みたいに見えてこわかったのですが名前がついていると分かったら前ほどこわくなくなりました。お騒がせして申し訳ありません、ありがとうございました!m(__)m

          • もし三国志が誰かの勝利でスカッとして終わる話だったら、ああ面白かった、さあ次なに読もうかな、となって、こうまでハマらないかもしれませんよね!
             
            コメントへの返信は5通までつけられる設定になっています。
            それを超える場合は今回のようにしていただくとか新しいコメントにするとかしていただければと。ご不便おかけします(汗)
             
            アイコンの白い人影が幽霊のように見えていたんですね!?
            試しに何かの文様に変えてみましたが、いかがでしょうか。
            なかなか綺麗ですが、全員おなじ文様になってしまうところがちょっと残念です……

  2. 男が登りつめる直前が一番輝いてるのかもしれませんね♪

    けどてっぺんまで登りつめ、後に堕ちてから逆襲して復権する男は更にカッコいい(´∇`)

    残念ながら楊儀は逆襲の仕方を間違えましたけどね(ノ∀`)アチャー

    SNSで誰彼構わずマウント取りに行く奴のことを「失脚してからの楊儀」と呼ぶことにしますw

    • きわどいファッションに身を包んでお香のにおいをプンプンさせているオリジナル設定の楊儀は輝いていますか?(^w^)
       
      楊儀はみんなが大事にしてあげれば有能ないい子のまんまだったかもしれませんが、諸葛亮没後に干されて残念なことになってしまいましたね。
      もしも当時SNSがあったら、まわりじゅうの人からブロックされるか違反報告をされて、アカウント凍結されていそうですね。
      1800年も前の人なのに容易に想像できてしまうところが不思議です……。

      • この楊儀、香川照之さんで脳内再生してます♪
        大和田常務に「利家とまつ」の時の秀吉足して更にいけ好かなさ4割増しで。
        我ながらベストキャスティング。
        …失脚したら虫撮り放題だから(≧∇≦)

        • もう香川照之さんとしか思えなくなりましたよ!?
          でも香川さんがきわどいファッションをしていても生理的に気持ち悪い感じにはならなさそうですね。
          その気持ち悪さはぜひ出していただきたいですが……
          香川さんがNHK Eテレでやっているカマキリ先生が好きです。
          昆虫大好きな様子が溢れていて素敵だと思います!

コメントする